最近の住宅は、窓のカタチもサイズもさまざま。またお部屋の演出も、シンプルなモダンな雰囲気を好まれる方、ゴージャスでエレガントな装飾を好まれる方など、インテリアスタイルもいろいろな表現が求められるようになりました。
そこでお薦めしたいのが「スタイルカーテン」。

スタイルカーテンとは、カーテンのようにヒダをとるような加工をしてウェーブを綺麗に見せるだけではなく、デザイン性や見た目をさらに重視したカーテンのことを言います。

スタイルカーテンと一言に言ってもその種類は様々。
ここではまるいがお薦めのスタイルカーテンをピックアップしてご紹介します。
自分らしい窓辺づくりのために、ぜひ参考にしてください。

スタイルカーテンの中でもローマンシェードは、一番オーソドックスなスタイルカーテン。上下に動かし採光を調節します。生地がフラットなので、すっきりとした印象になり生地本来の色柄などのデザイン性や、生地の素材感を楽しめます。また、ほとんどのカーテン生地で作成する事が可能で、大きな窓にはカーテン、カーテンの吊れないような小さな小窓には、同じ生地のシェードのように、お部屋の窓を同じ生地で統一することが可能です。

   プレーンシェード

シェードの中でももっともシンプルなスタイル。 生地がフラットなので、ボリュームを抑えたいときや、生地本来のデザインを楽しみたいときにおすすめです。
   シャープシェード

バーが入っているのでシャープな印象に。和モダンのテイストにも似合います。
薄地をシャープシェードに仕立てると、バーそのものがデザインとなり個性的になります。

ツインシェード
ドレープ&レースのシェードスタイル。
2枚のシェードを1台にしているのですっきりとした印象になります。
プレーンシェードとシャープシェードをそれぞれ組み合わせることができます。
昼間のプライバシーが不要なら、厚地のプレーンシェードで十分ですが、昼間光を採り入れながらプライバシーも確保したい時は、何らかの形でレースが必要です。その際重宝するのがツインシェードです。

プレーンシェードとレースの組み合わせ

シャープシェードとシャープシェードの組み合わせ

薄地カーテンを手前にした場合のスタイル
 
  ピーコックシェード

ヨーロッパのクラシックなイメージを思わせるスタイル。全部おろしたときは、シンプルな一枚の長方形の生地になり、あげると徐々に半円ができ、半円ができるとそのまま上に移動します。その特徴により、大きな窓(掃出し窓)などにはデザインのバランスが良くありませんので、縦長の窓などで利用されることが多いシェードです。
 
   バルーンシェード

上下に開閉するシェードを上げると、裾が風船のように上がっていくものを言います。
また、下げた状態のときは、普通のカーテン同様にフラットなままです。ドレープ・レース生地のどちらでも作る事が可能です。フリル付き、フリルなしなど様々な種類があり華やかでやさしい印象を与えてくれます。
 
  ロールカーテン

生地の風合いはそのままに、ロールスクリーンのようにフラットなスタイル
 
  パネル縫製

生地を数枚のパネルに仕立てて開閉するスタイル。
ドレープにも対応できますが、薄地を使えば光や重なりで色の変化が楽しめます。
また、カーテンだけではなくお部屋の間仕切りとしても使用できます。
 
| ホーム | まるいについて | まるいのオーダーカーテンパック | 今の季節にオススメのカーテン | オーダーカーテン基礎知識 | お問い合せ |
有限会社まるい -リビングSHOPまるい-
埼玉県さいたま市見沼区深作3-22-7 TEL:048-686-2000
Copyright (C) 2014 MARUI co.,ltd. All Rights Reserved.