カーテンの生地の素材は大きく分けて「ドレープ」と「レース」があります。

ドレープカーテンとは、厚手の生地や織物で作られたカーテンのことです。

一般的に1つの窓に対して、レースカーテンとドレープカーテンという2つのカーテンを吊っている家庭がほとんどです。
遮光性・保温性・防音性に優れたカーテンで、レースカーテンとの2重掛けをすることで昼夜に使い分けます。ドレープカーテンにも大切な役割があります。防寒や遮光、調光などの機能面では、やはりドレープカーテンのほうが上になります。
それに大きな布で窓を覆うわけですから、部屋の雰囲気も生地によって大きく変わります。ある意味で住む人のセンスやライフスタイルの象徴とも言えるかもしれません。
  無地

はっきりとした柄模様がない、無地や地紋様のカーテンです。柄模様がない分、素材や多彩な色のバリエーションで幅広い表情が楽しめます。糸を染めてから織る「先染め」と白糸で織り上げてから染める「後染め」があります。
 
 

糸を織ることで色柄を出しているカーテンです。大別して、染色した糸からつくられる"先染織物"は、織り方や糸の種類を工夫することで、さまざまな柄のパターンやカラーが表現できます。
染色性の違う糸で織り、後から生地を染める"後染め"もあります。
  プリント

生地にいろいろな色を染めつけて模様を表現したカーテンです。生地は厚手、薄手、遮光性のある生地にも、鮮やかではっきりとした柄を出すことができ、ファッション性に富んでいます。

部屋にあった機能カーテンを選ぶ事でもっと快適に過ごす事が出来ます。ここでは特にドレープに特化した機能をご紹介いたします。
そのほかの機能についてはこちら

  遮光カーテン

外の明るさを遮り、内部の光を外にもらさない遮光カーテン。寝室のほかにも、ホームシアターを楽しみたいリビング、西日が気になるお部屋にもおすすめです。 オーダーカーテンでは、お好きなカーテン生地に遮光裏地を付け遮光カーテンにすることができます。一昔前までは、暗く沈んだ色合いの重い生地というイメージでしたが、最近は、明るくキレイな色目の遮光カーテンがたくさん登場しています。
詳しくはこちら

  遮音カーテン

裏面に特殊効果を施し、音を遮る効果をもたらせたカーテン。室内の音がもれにくく、外の騒音が聞こえにくくなります。
   
  保温性

冬の季節は、暖房時、室内から室外へ約48%もの熱(暖かさ)が、窓などの開口部から逃げてしまいます。
つまり「窓」をしっかりガードすれば、お部屋の暖房効率もアップ、結果的に省エネにもなるのです。そこで厚地のドレープカーテンを窓などの開口部に吊せば熱の流出を防ぎ室温低下を抑えてくれます。
アスワン製のカーテンは、保温性を4ランクに分け、SA、Aランクの商品を保温性の高い商品としておすすめしています。
 詳しくはこちら
  
  トリム加工

美しいトリムでカーテンのサイドやボトムを縁どりする加工です。
様々な種類からドレープに合う物を選んでアクセントにできます。また、生地を丈夫にする効果もあります。

   裏地加工

お気に入りのカーテンに裏地をつける加工です。
上質感のあるしなやかな風合いに仕上がり、外からの見映えも美しくなります。保温効果も高まり、また裏地をつけることで丈夫になるのでカーテンの持ちがよくなります。
さらに、遮光タイプの裏地を選べば、普通のカーテンが遮光カーテンに早変わり。外からの視線や光を遮り、快適なお部屋を作ってくれます。
| ホーム | まるいについて | まるいのオーダーカーテンパック | 今の季節にオススメのカーテン | オーダーカーテン基礎知識 | お問い合せ |
有限会社まるい -リビングSHOPまるい-
埼玉県さいたま市見沼区深作3-22-7 TEL:048-686-2000
Copyright (C) 2014 MARUI co.,ltd. All Rights Reserved.